1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. コラム/お役立ち
  4. 交通安全推進のための企業の実践的アプローチ

交通安全推進のための企業の実践的アプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
交通安全推進のための企業の実践的アプローチ

交通労働災害は想像以上に多い

業務中の労働災害にはさまざまなものがありますが、労働者の死亡災害のうち「交通労働災害(交通事故・道路)」は、「墜落・転落」についで2番目に多く、全体の2割以上にもなります。【注1】

交通労働災害は、運送・交通運輸業などの「“職業ドライバー”」に多いと考えがちですが、実はそれ以外の業種が7割を占めています。

部署間の異動や新入社員の入社などで、不慣れな人が運転をする機会が増える時期には特に、かけがえのない従業員や会社を守るための取組みを意識し研修を行うことが効果的です。

【注1】厚生労働省HP/【別添】令和4年労働災害発生状況
    https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/001257467.pdf

社員が交通事故を起こしてしまうとどうなるのか?

会社名義の車両を従業員が運転している際に従業員が交通事故を起こした場合には様々な問題が生じます。交通事故の責任を負う者は事故を起こした運転者に限られません。

社用車の管理担当者や従業員の監督者に落ち度があれば、会社や管理監督者個人が直接的には交通事故発生に関与していなくとも、責任を負うことになります。
もちろん、運転をしていた従業員が事故の責任を負うのは当然ですが、当該従業員が勤務する会社に損害賠償請求がされる可能性があります。
ひとたび社用車で重大事故を起こしてしまえば、従業員の身の安全が脅かされるだけでなく、企業が法的・社会的な責任を問われる可能性もあります。それによって企業のネガティブな噂やイメージが社会全体に広まり、企業価値・信用の低下を招くリスクに繋がります。 

そうしたリスクを「レピュテーションリスク」といい、レピュテーションリスクが表面化することで、企業の存続にかかわる影響にまで発展する可能性があります。

そのため、交通事故防止につながる取り組みは、社用車を持つ企業が取り組むべき重要な施策の一つといえます。

効果的な交通安全対策の事例

 

代表的な取り組みとして、事故から得た教訓を再発防止につなげる「事故・ヒヤリハット事例の共有」や、実践を通じて学ぶ「実車指導」・「交通安全研修」が挙げられます。

事故・ヒヤリハット事例の共有

実際に起きた事故やヒヤリハットを当事者だけの問題として処理してしまうことは、社内全体の再発防止策として十分とはいえません。事故が起きた状況や原因を社内で共有することで、事故の教訓が生かされます。

詳細に事故状況や発生原因を分析したり、具体的な再発防止策を策定したりするために、社内の定例会議で事故・ヒヤリハット事例を共有することが重要です。

実車指導・交通安全研修

実車指導には、社外で行うか社内で行うか、大きく分けて2つの形態があります。
・社外で実車指導を行う場合は、自動車教習所などが行っている企業向け研修などの受講

・社内で実車指導を行う場合は、部署内の上司や安全運転管理者が添乗し指導を行うこと

実写指導や社内で交通安全研修を定期的に行い、従業員のドライバー意識を高めることは事故防止に繋がります。

交通事故が起こる主な原因

交通事故の防止を考えるにあたって、どういう状況が危険なのか理解することは重要です。そこで、ここからは交通事故が起こる原因や状況をさまざまな視点から整理します。 事故原因の多くは「ドライバーの不注意・油断」 交通安全白書によると、令和3年の交通死亡事故の原因として最も多いのが「安全運転義務違反」で、実に全体の約半分(53.6%)を占めます。

ドライバーの不注意

安全運転義務違反に該当する具体的な運転行動として、漫然運転や脇見運転といった前方不注意、アクセル・ブレーキの踏み間違いやハンドルの操作ミスといった運転操作不適、前後左右の安全確認が不十分で、死角にいた歩行者や他車両の存在を見落としてしまう安全不確認などがあります

技術・知識不足

ソニー損保の「2023年 20歳のカーライフ意識調査」によると、運転免許の保有率は61.2%、加えて28.6%が将来取得する予定と回答しました。「若者のクルマ離れ」といわれる昨今においても多くの若者が運転免許を持っている(または持つ意志がある)ことがわかります。

他方、「車を購入するつもりはない」と答えた人は23.6%を占めており、この傾向を踏まえると、運転免許を保有していながら、実際の運転には不慣れな状態で入社するケースも想定できます。一部の交通事故やヒヤリハットが、こうした「経験不足」によって起こる可能性も考えられるでしょう。

企業の交通安全への取り組みは研修から

今や多くの企業で動画教材を活用した社員教育が行われています。動画を使った研修は提供する側、受ける側双方にとってメリットがあります。早速それぞれのメリットを見ていきましょう。

研修を提供する側のメリット

高い学習効果が期待できる

テキストに比べて視覚効果が高い動画教材は、学習者の興味関心を惹きつけ、記憶に残りやすくなります。言語化しにくい抽象的な内容も、動画であれば短い時間で直感的に伝えられます。変化のない単調な教材ではどうしても受講意欲が低下しがちですが、動画教材なら受講者の理解促進を助け、高い学習効果を期待できます。

集合研修の事前教育や内定者向けの入社前教育に動画を活用するといった使い方も効果的です。

研修を受ける側のメリット

時間・場所を問わず受講できる

これまでの集合研修は時間や場所が決められていて、忙しい人や勤務時間が不規則な人には参加がむずかしい場合がありました。また、研修が本社で行われる場合、遠方勤務者は職場を離れて研修に参加しなければならず、業務効率的にもマイナスでした

動画教材を使った研修なら、受講者は都合のいいときに好きな場所で視聴でき、業務に支障がでません。勤務時間や勤務地に左右されず、働く人すべてに均等な研修機会が提供され、受講者は一人ひとりが主体的に教育研修を受けることが可能となります。

心理的ハードルが低い

講義を受けたりテキストを読んだりするのに比べ、動画はテレビや映画を観るように構えず視聴することができます。「研修を受けよう」と気負わなくてもいいのは受講者にとって大きなメリットでしょう。

また、テロップや効果音などを入れることによって、知識やポイントが自然と頭に入ってきやすいのも研修動画の強みです。単調なテキストよりも現場や業務のイメージがつかみやすく、効率的に学ぶことができます。動画慣れしている現代人にとって教育研修に積極的に取り入れたい教材のひとつといえます。

自分のペースで学べる

動画教材は何度でも繰り返し視聴が可能です。そのため、苦手分野の克服や資格取得学習などにも適しています。わかるところは倍速視聴し、わからない部分は何度も見直すなど、一人ひとりが自分ペースで学ぶことができるのもメリットです。「職場のパソコンで受講した続きを通勤中にスマホで視聴する」といった使い方も可能で、受講者の利便性はますます向上しています。

ドラスタの交通安全教育動画のご紹介

ドラスタでは、ドラマ形式で描いた研修用の動画作品を数多くご用意。東映が贈る高クオリティの映像作品を楽しみながら見るだけで、内容を自然に身に付けることができます。

心に訴える作品で、より「自分ごと」に感じることができるため、効果の高い研修をしていただくことが可能です。

交通安全作品の中でも特に需要が高いジャンルの作品を紹介いたします。

飲酒運転防止作品

作品名「もう、あの日の笑顔は戻らない」

飲酒について、普通の楽しくお酒を飲むことは問題ありません。
しかし、お酒を飲むことで気持ちが大きくなり、コンプライアンスに違反してしまうこともあります。
その中で最も重大なコンプライアンス違反が「飲酒運転」です。
本作品では、飲酒運転による交通事故を起こしてしまった本人とその家族や勤め先、そして被害者とその家族が直面する嘆きと絶望を丹念に描き、このような辛く悲しい事故が二度と起こらないようにとの願いを込めて制作したドラマ形式の教材です。

自転車事故防止作品

作品名「安全・快適な大人の自転車ライフのために」

自転車通勤利用者が増えていくなか、交通ルール違反や、マナーの悪さが問題となっており、自転車による事故・トラブルも増加しております。
本作品では、ある夫婦の一日の自転車ライフをドラマで描き、交通ルールを基本から解説していき、交通ルールとマナーの再確認を図っていきます。
お互いの思いやりやゆずり合いの気持ちを持って安全・快適な自転車ライフを過ごしましょう。

ドライバー向け作品

作品名「STOP!無自覚交通違反」」

1日当たり約9.7人、毎年3千人以上の人が交通事故で亡くなっています。その原因の約6割を安全運転義務違反が占めていると言われています。
本作品はドライブレコーダーの実際の事故映像と、役者が演じる再現VTRを織り交ぜて構成し、視聴者とともに考える形でナビゲーターが正しい運転を開設していく講習教材です。
交通ルールを学び直すことで、自分も周りの人も傷つけない命を守る運転を心がけられるようにしましょう。

交通安全研修作品はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加